My KAWASAKI
  Top 集合管 ウインカー ブレーキホース プラグ HID バックステップ リアサス ヘッドライト  
ヘッドライトをHIDに変更するにあたって
  なぜかヘッドライトの色は昔から気になる部分であり、車でもしょっちゅう交換していました。
HIDランプが出始めたころ、ライトの色に惹かれ車に取付けようと考えましたが、車の バルブはH4のため、HiLoが切り替えできなければなならないのですが、当時はLoがHID Hiが通常のバルブと2つのライトが必要だったため、断念しました。

ゼファーのライトも購入後すぐ車のお下がりに交換し、しばらくはこれで満足していたのですが、 ここ最近になってやっぱり暗いと思い、バイク用のHIDはないものかと、Webで探しました。
そしたら、近頃(前からかもしれない)ではH4タイプでHiLoの切り替えが可能なもの も登場しているではないですか。
(最近は、雑誌も買わないし、オートバックスとかにも ぜんぜん行かなくなってたので、すっかりと進化に取り残されていた)
調べたところ、Absolute という会社から販売されているようでした。この会社では車種別 のキットをそろえており、なかなか良いのだが、ゼファー用がない... しかも、5万〜と結構いい値段する。衝動に駆られない限り、買えないと思いバイクでも断念です。
しばらくして、Yahooオークションで中古でも良いからHIDがないかなーと探していたところ サンヨーテクニカ製の「サンダービーム」 というものが有り、しかも値段も3万ぐらい。
一気に欲しくなり、前回足りなかった衝動も手伝って、即入札し、無事落札できました。
 
 
取付け
 
部品構成は大きく2つに分かれており、「バラスト部分」、「バーナー部分」とが有ります。
「バラスト部分」は、インバーター、イグナイター、リレー、ヒューズで構成されており、 「バーナー部分」は、バーナー(バルブ)、コントローラーが有ります。
「バーナー部分」が別パッケージなので、自分の好みの明るさのバーナーを選択することが 可能です。私が選択したのは、「ウルトラブルー7500K」。同じかえるなら、ハロゲンでは出せない明るさにしてみました。 取付けですが、やはり各部品を収めるスペースが問題となります。 最初に試したのが、やっぱりバーナーの取付けです。
サイズの比較
見た目でかなり長く、ヘッドライトに 収まるのかが問題だったので、まずはバルブを外し、バーナーを取付ける。台座がH4用の形を しているので、問題なく付くのですが、防水用ゴムカバーは入るのだろうか..
バーナーと台座
しかしよく見ると、台座と バーナーが外れるようになっており、バーナーの先っぽから防水ゴムカバーを取付け、無事 装着。次にヘッドライトケースに入るのかを試すが、配線を何とかすれば入りそうだったので、 次の作業に移ることにしました。(ここで実は大きな問題が隠れいていた) バーナー以外の部品のコードの長さをみて部品の配置を考え、仮止めしながらそれぞれを 固定していきます。
バッテリーの上に乗っているインバーター
「インバーター」(一番大きい)は、プラスの電源(ヒューズに繋がる)と、アースが あったのでバッテリーの近くが良いと思い、なんとなく乗りそうな雰囲気があったので、 バッテリーの真上に決定。
タンクに隠れているイグナイター
「イグナイター」は、インバーターと、バーナーに繋がるのですが、バーナーとつなぐ コードが短いため、ヘッドライトのすぐ近くじゃなければダメです。 そこで、フレームの一番先っぽとなる、ところに設置することで決定。(タンクに隠れる)
挟まっているだけのコントローラー
「コントローラー」は、先ほどのイグナイターと元のバルブに挿していたコネクターとバーナー に繋がるので、一段とヘッドライトに近くなくてはいけないので、ヘッドライトのステー の脇に決定。 リレーとヒューズは、シート下のヒューズボックス周りに収まる程度の大きさなので、 特に問題なし。ただ、リレーとコントローラーを繋ぐには付属の延長コードを使用。
配置は何度か位置を変えながらも、意外と早く決まりました。(固定方法は全部、 付属のタイラップバンド)
ごちゃごちゃのケース内
ヘッドライトを組むためにケース内のコードを何とかしなければならないのですが、 セットに付属している、バルブに挿すコネクターからコントローラーに繋ぐためのコネクター があるのですが、これがかなり邪魔になる。こんなものまでケースに収められないという ことで、元のバルブ用のコネクターの線は、カバー内でもう一度ギボシ端子で繋いでいるので 直接ギボシ端子から、コントローラーへ繋ぐようにしました。
最後に、ヘッドライトをケースに収めるのですが、最初に試しているので、問題なしと思って いたら、バーナーのお尻がケースにあたる!
(最初に試した時は、バーナーが横を向いていた為 入ったと思う。横にしては、HiLoではなく左右切り替えになってしまうのでは..苦笑)
一気にやる気が失せ、「その前にちゃんと点灯するのかよ?」といった疑いまで出てきた ので、ためしにコードを繋いで、点灯してみることにしました。キーを廻してみるが、 「点かない??」再度配線をチェックするが、やっぱりダメだ...さらにやる気が失せる。
不良品だったと思ったのですが、ためしにエンジンをかけると、「点いた!!しかも、 眩しすぎる・・直視したら目がやられるのではと思うぐらい」どうやら、エンジンをかけないと 点かないようです。

点灯したのを見たら、一気にやる気が出てきたので、迷わずケースの加工 を決心し、あたる部分に穴をあけることにしました。2回位フィッティング(1回目はずれた とこに大きな穴をあけてしまった。勢いは恐ろしい)をしながら、ヘッドライトも無事ケースに 収まりました。こんな大きな穴、雨の日はどうすんだよ、と思いつつかなり満足げ。
組みあがったところで、再度ライトを点灯するが、「かっこいい・・」。
集合管を交換した時のように、ニヤけっぱなしになってしまった。
覗き込むと目立つバスボンド
大きく開いた穴は、ふたを作ってバスボンド(浴槽のつなぎ目に塗るシリコン)で雨漏れ対策 をすればいいやと、またまた近くのDIY店へふたになるいい物がないか物色しに行ったところ、 いいのを発見しました。ゴムのシートです。厚さ1mmのゴムシートしかも裏側は貼り付けできる ように、粘着テープがついている。これを購入し、適度な大きさに切り、穴を塞ぎました。 ゴムの淵をバスボンドで縁取ることにより、剥がれ防止&水浸入防止にも役立つでしょう。

やっと終わったと思い、シートをはめようとしたら、ロックが効かない。。。どうやら、シートと インバーターが干渉しているらしい。(やっぱり雰囲気だけではダメなようだ)
シートの干渉している部分を見ると、補強のような出っ張りがあるので、これを削り取る事で、 シートもはまるようになりました

HID化の感想としては、とにかく明るい。街中では、前を走る車の分まで照らしている気になる。 その日実家からアパートへ帰るため、夜の高速を走ってみましたが、目立つようになったせいか いつものような無理な車線変更にもあわず、安全性も上がった気がします。
曇り気味のレンズ
気になった点ですが、アパートまで帰ってきて、ヘッドライトを見たら、レンズの内側に煙で 曇った跡がありました。元々汚れていて、熱でと思うのですが、本当の原因は不明です。 こんど、外して掃除してみるつもりです。
後日購入先へ問い合わせたところ、バルブ接着素材から 発生したガスが曇りの原因ではないかと言われ、中性洗剤溶液で洗浄すれば問題ないとの事で、ヘッドライト を外し洗浄したら、きれいになりました。(丁寧な購入先でした)